メニューを開く
メニューを開く
メニューを閉じる
メニューを閉じる

設計相談会 設計相談会

電話

メール

BLOG

2021/03/22

変化と愛着

長く使い続けることで親しみと愛着が生まれます。
本日は、建築の話とは少し離れますが、私の大好きなデニムのお話をさせて頂こうと思います。
こんばんは、設計士の堀江です。

今では仕事着としてもなじみのあるデニムですが、その生地や製法によっては様々な表情がデニムにはあります。例えば、生地の裏側を見ると、そのデニムがどういった方向性を目指して作られたものなのかが分かるそうです。裏生地を見てみると、横糸に白綿を使っているモノと、茶綿を使っているモノがあります。白綿を使っているモノはデニム本来の生地を際立たせヴィンテージな仕上がりになり、茶綿を使っているモノは生地のトーンを落ち着かせることでスタイリッシュな仕上がりになるそうです。私が愛用しているデニムは裏地に白綿が使われており、体に合わせてシワや色落ち部分が、異なります。購入当初とは変わって武骨なかっこいい仕上がりになってくれています。約8年間仕立てを繰り返しながら愛用をしておりますが、時間を共に過ごす中で、世界で私だけの仕上がりになり、そしてこれからもその変化は続くと思うとより一層大事にしていきたいなと感じました。また、生地の産地や、繊維の混用率によっても表情が全く異なります。奥深い世界をまた一つ知ることができました。

 

素材から、長い年月を経てどのように変化していくのかを想像してみるとわくわくしてきますね。建築も同じで、何十年と長い年月変わらずそのままではありません。どのように育っていくのか、その素材にどういった特徴があるかを一つ一つ丁寧に考えて向き合っていきたいですね。

  


建築士による設計相談会、毎日開催中
グラント一級建築士事務所
熊本県熊本市中央区水道町4番2号 t-brioビル 2階A号
TEL:096-355-0649

設計相談会

メールでのご予約はこちら

受付10:00 - 19:00 / 水・木曜定休

pagetop pagetop
Copyrightc 2018 グラント一級建築士事務所.
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.