メニューを開く

GranT グラント一級建築士事務所

メールお問い合わせはこちら

メニューを閉じる
メニューを閉じる

 何でもお聞きください。建築士達がしっかりとお応えします。

電話

メール

CONSTRUCTION METHOD

耐震構法SE構法とは

耐震構法SE構法とは

世界的地震大国である日本にとって、住宅の耐震強化は避けて通れない課題です。「グラント一級建築士事務所」では耐震強化を最重要項目として、鉄骨造やRC造に用いられているラーメン構法を日本の木造住宅に応用した「SE構法」を採用しています。柱や梁の接合部を金物で補強し、強度に優れ、品質の安定した集成材を積極的に用いることで在来工法の弱点だった耐震性能、耐風性能を格段に向上させています。これにより、大空間のLDKや複数台のガレージなど、無柱空間によるダイナミックな建物の計画が可能になります。(最大で9mもの幅で柱から柱までの空間ができます。)
また、一般的に木造住宅では構造躯体の瑕疵保証は10年ですが、最大20年の保証を可能にしている事も躯体の強さの表れです。

近年の地震による住宅の被害

  • 新潟中越地震 33棟
  • 東日本大震災 4,500棟(震度5強以上)
  • 熊本地震   41棟

この内、耐震構法SE構法で建てた住宅の倒壊数はゼロ。

地震による住宅の被害 写真

こちらでは、住宅設計に革命をもたらしたと言われるこの耐震SE構法についてご説明します。

PAGE
TOP

Copyrightc 2017 グラント一級建築士事務所. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.